シトルリンの主要成分と化学的視点

シトルリンの主要成分と化学的視点

シトルリンの主要成分と化学的視点

シトルリンは、最近話題になることが多い成分のひとつです。注目度に比例して、その構造や化学的な性質を調べる人も増えています。成分の構造と化学的な性質を知ることは、とても大切です。

 

シトルリンは、野生のスイカから発見された成分で、発見したのは日本人の学者です。シトルリンは、代謝から生まれる一酸化窒素を介することで、血管を拡張する効果が期待できます。一酸化窒素は、勃起にも関与しているため、最近では精力剤に配合されるケースが増えています。

 

シトルリンは、運動する時には、ミトコンドリアでATPからADPに変換してエネルギーを取り出し、休むときはエネルギーを蓄えるためにADPからATPに変換するのです。疲労物質として有名なアンモニアを、尿素に分解して体の外へと排出するため、疲労回復にも役立ちます。さらに、筋肉の増強も期待できます。

 

そのため、ヨーロッパやアメリカでは、シトルリンのサプリメントを愛用しているアスリートが多いのです。シトルリンの血液の流れを促す効果は、脳にも働くので、記憶力や集中力を向上させる効果も期待されています。日本人は、体が冷える人やむくみやすい人が多いのですが、血液の流れがスムーズになることで、冷えやむくみの解消にも役立ちます。

 

冷え性は女性に多く、冷え性のために眠れないなど困っている人は少なくありません。シトルリンは、血管を拡張させる働きにより、末梢血管の血行不良を改善させることができます。そのため、冷え性の緩和も期待できます。

 

シトルリンは、アミノ酸の一種で、アミノ酸は天然保湿因子を構成しているので、肌の潤いを保つことができると言われています。また、血液の流れが良くなることで、新陳代謝も活発になります。新陳代謝が活発になると、肌の生まれ変わりも促され、美肌効果も期待できるのです。

 

シトルリンは、スーパーアミノ酸と呼ばれており、体内を巡っています。そして、必要になった時に、すぐに働けるように待機しているのです。日本では、生活習慣病が社会問題になっています。

 

生活習慣病で有名なのが糖尿病ですが、糖尿病によって血管が損傷すると、血行不良など様々なトラブルの原因となります。加齢によって血管が老化すると、血管を拡張する働きがある一酸化窒素も減り、動脈硬化のリスクが高まります。

 

動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となるので、注意が必要です。シトルリンを摂取することで、血管の老化を抑制でき、動脈硬化を予防することが可能なのです。

 

シトルリンは尿素回路の必須成分

シトルリンの主要成分と化学的視点

シトルリンは、各細胞が行う尿素回路で必ず必要になる物質です。細胞活動、生命活動で生じるアンモニアを安全な物質である尿素に変えるためにこの尿素回路が必要で、その尿素回路を代謝させるためにはシトルリンの存在が必要です。

 

他にもアルギニンやオルニチンといった中間物質を経て、ようやく尿素回路がきちんと動くわけですが、精力剤にはこの尿素回路を効率的に循環させるために必要な成分がたくさん含まれている場合が多いです。

 

尿素回路がきちんと動いていればアンモニアが血中にあまり溶け込まないで尿素の状態で流れていくため、血液の流れに影響することが減り、血行促進につながります。間接的に血管を拡張する働きをサポートしてくれるので、シトルリンは定期的にでも摂取しておくのが良いでしょう。

 

人体内で欠かせないアミノ酸

シトルリンは、人体においては必ず必須ではないですが、十分あったほうが健康面においてサポートしてもらえるのは確かです。もっとも手に入りやすく、価格も安い食材で例えると、きゅうり50本食べればようやくシトルリンを8mgほど摂取することができます。

 

スイカであれば、100g当たり180mgのシトルリンが含まれていますが、それでもスイカをかなりの量食べないといけないので大変になります。しかも、スイカの皮付近に一番多くシトルリンが含まれているため、おいしくシトルリンを摂取するのは難しいです。杏仁豆腐の上に乗っている赤いクコの実であれば、2kg食べれば約30mgのシトルリンを摂取できます。

 

これも現実的なものではなく、毎日少しずつ摂取して気休め程度に補うことしかできません

 

食事からの摂取が必要

それでもシトルリンはこれまで食事から摂取しきれなくても大きい問題は起きていない成分です。そもそもシトルリンは人体内で生合成を経て、再生産されるため、必ず食事から摂取しないといけない物質ではないです。

 

しかし、精力増強やペニスの勃起力アップを期待する場合には、サプリメントや精力剤から濃縮されたシトルリンを摂取することで、血中アンモニア濃度を下げて、血行促進させられるということで、コスパの良い精力剤を利用するのがおすすめです。

 

サプリメントであっても食事から摂取するのがやはりおすすめなので、安全で飲みやすく、摂取量をコントロールしやすい精力剤を活用してみてください。

 

アルギニンやオルニチンを増やしてもOK

シトルリンは、二酸化炭素とアンモニア、オルニチンがあれば自然と体内でシトルリンとして合成されます。その後アルギニンに変化してさらに尿素を精製するため、オルニチンの豊富なしじみやアサリなどの貝類を摂取するようにしておくのも効果的です。

 

必ずしもシトルリンを直接摂取しなくても、アンモニアを減らしてくれるオルニチンを摂取してもシトルリン不足を補えるので、縄文時代の貝塚が示しているように、貝を食べることで不足するシトルリンなどの栄養素を補うことは可能です。


関連ページ

アルギニンの効果と化学的特徴
ペニスの悩みを解消することは、先天的な問題が大きいだけになかなか解消するのは難しいように思えますよね。そんな難しいペニスの悩みの解消の特効薬となりそうなのが、サプリメント。このサプリメントの有効成分のひとつアルギニンの性質や化学的特徴についてわかりやすく解説していきます。
アルギニンの人体内での代謝
ペニスの悩み解消のためのサプリメントに使用される有効成分のひとつにアルギニンという成分が注目されています。このアルギニンの人体内での代謝とその働きや効能などをわかりやすく解説していきます。
アミノ酸で勃起力を改善できる
性生活において、男性のペニスの勃起の問題はとっても重要な要素と言えます。衰えてきた勃起力を改善させる要素として大いに期待されるアミノ酸の力についてわかりやすく解説していきます。
シトルリンが効果を発揮する仕組み
性生活において、男性のペニスのサイズや勃起力が果たす役割は非常に大きい問題ですよね?ここでは、ペニス増大サプリメントによく含まれるシトルリンが、ペニスに働きかけ、効果を発揮する仕組みについてわかりやすく解説していきます。
シトルリンは遊離アミノ酸の一種
夜の営みに男性のペニスの硬さや大きさの問題は、ペニス増大サプリメントなどの効果が大いに期待されるところです。このペニス増大サプリメントで良く含まれる成分であるシトルリンですが、この物質の遊離アミノ酸としての性質と特徴などをわかりやすく解説していきます。
シトルリンの概要と期待される効果
ペニス増大サプリメントなどで、よく含まれる物質であるシトルリンとはどんな特徴があるのでしょうか?ここでは、このシトルリンの概要と期待される効果にはどんなものがあるのかなど、わかりやすく解説していきます。
シトルリンの発見と歴史
ペニス増大サプリメントの成分の中で、シトルリンというのが大きな役割を果たしています。このシトルリンの有効成分としての発見とその歴史についてわかりやすく解説していきます。