シトルリンは遊離アミノ酸の一種

シトルリンは遊離アミノ酸の一種

シトルリンは遊離アミノ酸の一種

日本では、精力が不足して困っている男性が増えています。そのため、ドラッグストアやネット上の専門ショップなどでは、精力剤や精力系サプリメントの人気が高まっています。精力剤には、男性の精力を増進させたり、滋養強壮効果が期待できる様々な成分が配合されています。

 

その中でも、最近注目を集めているのが、シトルリンです。シトルリンは、遊離アミノ酸の一種です。体の構造には、様々な栄養が関与しています。体の構造と体を支える栄養素を知ることは、健康のためにも美容のためにも大切なことです。

 

アミノ酸では、必須アミノ酸や非必須アミノ酸が有名ですが、タンパク質を構成するアミノ酸以外に、別の働きをするアミノ酸が存在するのです。それが遊離アミノ酸なのです。シトルリンは、スイカから発見された成分です。1930年に発見されたシトルリンは、砂漠の野生スイカに多く含まれています。

 

シトルリンには、砂漠の過酷な環境で育つための重要な役割があるのです。日本では、2007年に食品成分として利用することができるようになり、主に健康食品によく使われています。ヨーロッパでは医薬成分として使われており、アメリカではサプリメントで有名です。

 

シトルリンの作用で最も注目されているのが、血液の流れを改善する作用です。シトルリンは、血管を拡張させる働きがある一酸化窒素の生成を助けると考えられています。一酸化窒素は、動脈を拡張させることで、血液の流れをスムーズにするのです。

 

男性は、性的な刺激があると勃起しますが、一酸化窒素は、勃起にも関係しています。性的な刺激を受けると、脳の中枢神経が興奮して、その情報が神経を通って陰茎に伝わります。すると、体内で一酸化窒素が放出されて、勃起するのです。

 

一酸化窒素が放出されると、勃起に関係している陰茎深動脈がゆるみます。また、海綿体の平滑筋もゆるみ、大量の血液を受け入れることができるようになるのです。そして、血液が海綿体に流れ込むと、血液の圧力によって海綿体が硬くなり、勃起という現象が起こるわけです。

 

一旦勃起すれば、流れ込んだ血液はすぐに出ていかないので、勃起が維持されることになります。そのため、精力剤にも配合されることが多くなっているのです。

 

シトルリンは、血流の改善効果によって、冷えやむくみの改善や、新陳代謝を高める働きも期待されています。肝臓には、アンモニアを解毒する機能がありますが、アンモニアを解毒するときにもシトルリンが需要な役割を担っているのです。

 

遊離アミノ酸とは?

シトルリンは遊離アミノ酸の一種

遊離アミノ酸はその名前の通り、体内で一箇所にとどまらずに体液中をふわふわと移動しているタイプのアミノ酸ということです。実は人体の20%ほどはアミノ酸で構成されており、体重が60kgある人は12kgはアミノ酸でできているのです。

 

その大量にあるアミノ酸は、骨や筋肉、ホルモン分泌、代謝に関わっているなど、生命維持に欠かせないものがほとんどです。シトルリンやオルニチンなどのアミノ酸はアンモニアの解毒や尿素の生成に役立つものなため、固着しているより遊離アミノ酸として存在していたほうが代謝が効率的に行われます。

 

また、尿素回路に関してはアミノ酸が常にシトルリン、オルニチン、アルギニンとアミノ酸の種類を変えて反応していかないといけないため、一つの場所にとどまっていることができません。遊離アミノ酸は目立つ存在ではないですが、人間の代謝に欠かせない成分です。

 

アミノ酸の働きと主な役目

アミノ酸は血管や筋肉、皮膚や内蔵などの素材になるもので、日々の生活の中で消耗してしまうため、定期的に良質なタンパク質を摂取する必要があります。アミノ酸がきちんと補給できていれば代謝も活性化され、生命活動が効率的に行われるようになるので、ペニス増大や勃起力改善にも役立ってくれます。

 

ペニスの海綿体組織を活性化させたい時や勃起のための筋力アップを狙う場合には、それに見合ったアミノ酸摂取をして、より効率的にペニス増大や精力増強をする必要があります。アミノ酸は血行促進やホルモンバランスの安定にも働きかけてくれますので、不足することがないようにきちんと補給しておいてください。

 

当然アミノ酸が不足すれば、ペニスの働きが衰えたり、薄毛が進行したり、筋肉が弱まったりします。更には、スタミナが落ちて疲れやすい体になってしまうこともあるので、動物性、植物性たんぱく質からバランス良くアミノ酸を補給しましょう。

 

オルニチンとシトルリンの関係

よく精力増強に関係しているといわれる尿素回路では遊離アミノ酸といわれるオルニチンとシトルリンが影響しています。それぞれに生合成できる状態にあり、尿素回路が働いていればどちらかを摂取していれば時間が経てばバランスが取れてきます。オルニチンはしじみやあさりに含まれており、シトルリンやスイカやきゅうりに多く含まれています

 

また、近年注目されているスーパーフードにもシトルリンが含まれていることが分かっているので、賢く食材を探せばさらに効率的に遊離アミノ酸を補給できるでしょう。遊離アミノ酸は人体に欠かせないですが、認知度は低いのでペニス増大、勃起力アップのためにどんどん取り入れていきましょう。


関連ページ

アルギニンの効果と化学的特徴
ペニスの悩みを解消することは、先天的な問題が大きいだけになかなか解消するのは難しいように思えますよね。そんな難しいペニスの悩みの解消の特効薬となりそうなのが、サプリメント。このサプリメントの有効成分のひとつアルギニンの性質や化学的特徴についてわかりやすく解説していきます。
アルギニンの人体内での代謝
ペニスの悩み解消のためのサプリメントに使用される有効成分のひとつにアルギニンという成分が注目されています。このアルギニンの人体内での代謝とその働きや効能などをわかりやすく解説していきます。
アミノ酸で勃起力を改善できる
性生活において、男性のペニスの勃起の問題はとっても重要な要素と言えます。衰えてきた勃起力を改善させる要素として大いに期待されるアミノ酸の力についてわかりやすく解説していきます。
シトルリンが効果を発揮する仕組み
性生活において、男性のペニスのサイズや勃起力が果たす役割は非常に大きい問題ですよね?ここでは、ペニス増大サプリメントによく含まれるシトルリンが、ペニスに働きかけ、効果を発揮する仕組みについてわかりやすく解説していきます。
シトルリンの主要成分と化学的視点
性生活の重要な要素であるペニスのサイズ問題や勃起力の問題を解消するのには、サプリメントのパワーが期待されます。このサプリメントに多く含まれるシトルリン、この物質の主要成分と科学的視点からの解説をしていきます。
シトルリンの概要と期待される効果
ペニス増大サプリメントなどで、よく含まれる物質であるシトルリンとはどんな特徴があるのでしょうか?ここでは、このシトルリンの概要と期待される効果にはどんなものがあるのかなど、わかりやすく解説していきます。
シトルリンの発見と歴史
ペニス増大サプリメントの成分の中で、シトルリンというのが大きな役割を果たしています。このシトルリンの有効成分としての発見とその歴史についてわかりやすく解説していきます。