精力剤の危険性と対策

精力剤の危険性と対策

精力剤の危険性と対策

男性の精力は基本的に体力と比例します。一定の個人差が見られますが、男性の体力は20歳から25歳頃がピークです。アスリートのようにハードなトレーニングをしている方々は例外であり、普通の社会人男性であれば、26歳以降は体力が徐々に減退していきます。体力と共に精力も減退していき、大学生や新社会人の頃のような恋愛へのモチベーションがほとんど無くなってしまう方々もいらっしゃいます。

 

また精力はストレスの影響を極めて受けやすく、趣味のスポーツや筋トレで身体を日常的に鍛えている方も、会社などで激しい業務をこなした結果、大きな心労を抱えてしまうと、それが災いして年齢等に関係なくペニスの機能が衰えます。

 

以前はマスターベーションやセックスをする時、固くて太いペニスが実感出来たのに最近はめっきりその自信が無くなった、という男性はペニス増大サプリを飲んでみましょう。
ペニス増大サプリを若い間から飲んでいる男性は意外と多いです。

 

他のサプリとは違い、作用する場所がデリケートなので、あまり公言されないだけです。事実としてペニス増大サプリはネット通販サイトでも上位にランクインしていますし、ドラッグストアでもかなりの品数が店頭に置かれています。

 

ペニス増大サプリを飲めば、着実に減退していた精力の回復に努められます。アルギニンやマカやシトルリン、こういった成分が多く配合されたサプリを飲めば、精力減退が賢く対策でき、将来のED予防にも役立ちます。

 

ただ、ペニス増大サプリには隠れた危険性があります。他のサプリよりも成分が特殊な事もあり、いわゆる持病や先天性の疾患などを抱えている方が、急に飲み始めると危険な状態に陥るリスクがあります。特に心臓や血圧に関する持病を持っている方は危険性が高く、専門家は自己判断だけで飲んではいけないと注意を促しています。

 

またペニス増大サプリは男性陣から人気があるため、有名製品を模した類似品、真っ赤な偽物が近年増加して来ました。大手企業が販売する正規品には危険は無く、安心して飲み続けられますが、一方で怪しい製品がネットでも出回っているため、常に注意しなければいけません。

 

たとえ見た目は良くても、成分が正しくなければペニス増大は進みませんし、真っ赤な偽物だった場合は危険な成分が配合されている恐れも高く、信頼性が怪しいサプリは絶対に入手、摂取してはいけません。

 

対策としては信頼出来るネット通販サイトを利用する事です。大手のネット通販サイトなら体制がしっかりしているため、危険な製品が紛れ込む隙はありませんし、他のユーザーの口コミや評価が多数投稿されていますので、レビューを確認しておけば、ハズレのペニス増大サプリを買ってしまう事はないでしょう。

 

精力剤の過剰摂取は危険

精力剤の危険性と対策

精力剤はサプリメントとして用法用量を守って摂取している限り、大きな危険はありませんが、1度に飲んで良い量を無視して過剰摂取すると当然リスクがあります。シトルリンやアルギニンなどの作用は過剰摂取で強く出てしまうため、いくら健康上問題がない成分でも大量に摂取すると何かしらの不調を起こします

 

吐き気やめまい、眠気だけでなく、腹痛や下痢を起こすこともあります。1日に2錠ほど摂取するサプリメントを1日6錠、10錠も飲めば当然過剰摂取で、無理に摂取した場合はリスクが有る上に、余計に体内に入れた成分はそのまま体外に排出されてしまいます。精力剤は決して安いものではないので、無駄にしてしまうとそれだけお金ばかりが消えていくことにあります。

 

違う種類の精力剤を合わせて飲まないで

精力剤を摂取する場合は1社のものだけを飲むようにするのがベストです。メーカーの異なる2社の精力剤を合わせて飲むのは、それに伴ってどんなトラブルが起きるか分からないのに加えて、過剰摂取になってしまう成分がある可能性があり、副作用やアレルギーが起きる可能性を高めてしまいます。

 

メーカーの異なる2種類の精力剤を合わせて飲むのは危険なので、効果を出したいからといって合わせ飲みするのはやめましょう

 

また、アミノ酸を摂取する目的で筋力増強に役立てられるプロテインを合わせて飲むのもあまり良いことではありません。プロテインを摂取して体内で発生するアンモニアを増やしてしまうと、尿素回路をさらに代謝させないといけなくなります。

 

そうすると摂取したシトルリンがプロテインの代謝にばかり使われてしまう可能性があるため、効果が薄れる可能性もあります。

 

ビタミンサプリと合わせるのも注意しよう

精力剤には既にビタミン類、ミネラル類が含まれている場合もあります。亜鉛やビタミンB群は過剰摂取してしまうと体調不良を起こすことがありますので、組み合わせには注意が必要です。

 

ビタミン類も食生活や普段飲むものとの組み合わせで尿管結石を引き起こしやすくしたり、体温を下げてしまいやすくなったりするため、精力剤に期待される作用が小さくならないようにしましょう。

 

サプリメント以外にも精力剤をお酒で飲んだり、喫煙を辞めずに精力剤を飲み続けたりしても十分な効果は期待できないので、生活習慣の改善を最優先にして、精力剤の効果が出やすいようにしましょう。

 

女性が精力剤を飲んでも問題はない

万が一女性が精力剤を飲んでもそれほどリスクはないですが、男性と同じ量摂取するのはよくありません。シトルリンもアルギニンも亜鉛も男女ともに必要な成分なので、女性が摂取する場合は、せめて男性の半分の摂取量にすればそこまでの危険はありません。


関連ページ

精力剤の副作用
精力剤は、夜の営みで満足出来るために障害になるペニスの問題を解決するための特効薬に見えますが、やっぱりいいことばかりって訳にはいかないもの?ここでは、精力剤の副作用についてわかりやすく解説していきます。